ドゥブロヴニク アパートメント

#OnlyBeFrom 20.000 ヶ所以上の目的地。

946 見つかったアパートメント

最新のコメント

我々の ドゥブロブニク, クロアチア共和国 アパートメント は、7.9 / 10 クチコミ257件の総合評価。

ドゥブロヴニク − 市内のフラット

紺碧の海を背景にそびえるオレンジ色の屋根と、遠い昔にいざなってくれる石畳の舗道―これがドゥブロヴニクです。クロアチア沿岸の一画にあるこの古い要塞の町は、歴史と文化の拠点であるとともに、絵はがきのように美しい景色と、のんびりした生活スタイルとを兼ね備えています。素朴な旧市街に足を踏み入れると、なめらかな石灰岩を敷きつめた舗道と、立派なバロック建築、そしてキラキラ輝くアドリア海が出迎えてくれます。古い城壁の上から美しい家々の屋根やにぎやかな路地に見とれてみたり、木がまばらに生えた丘をケーブルカーで上り、王国を眼下に眺める王様のような気分に浸ってみたりもできます。居心地のよいピザ屋さん、地元の人たちでいっぱいのバー、そして人目をひく建物―ドゥブロヴニクは、訪れる人を魅了してやみません。当社が紹介するドゥブロヴニクのアパートを利用して、過去にタイムスリップしてみませんか。お手頃な価格のフラットからオシャレな高級アパートまで、幅広い物件をそろえています。ドゥブロヴニクの豊かな歴史を探訪する旅にぴったりの宿泊施設が見つかることでしょう。

素朴な街に点在する文化遺産 — ドゥブロヴニクの観光名所

当社が紹介するドゥブロヴニクのアパートは、この街の主要観光スポットの近くに位置していますから、何をするにもたいへん便利です。

ドゥブロヴニクアパート – ドゥブロヴニク宿泊施設

陽光あふれる島々 — ドゥブロヴニクのエラフィティ諸島

ドゥブロヴニクの海岸のすぐ近くに浮かぶエラフィティ諸島。ヤシの木立ちや真珠色の砂浜、澄み切った青い海、そしてしずかでのんびりした雰囲気―アドリア海ならではの美しいパラダイスアイランドが点在しています。

全部で8つの島がありますが、そのうち人が住んでいるのは3つだけ。丘の中腹にある村と古い伝統文化とで大勢の観光客を惹きつけるのは、この3つです。エラフィティ諸島のどの島にも、ドゥブロヴニク港から気軽に出かけることができます。また、その多くを街の城壁から眺めることもできます。

コロチェプ島―別名カラモタ島 (Kalamota)―は、人が住んでいる3島の中で一番小さな島。文字通り、ドゥブロヴニク港のすぐ近くにあります。本土に一番近いこの島は、にぎやかな旧市街の目と鼻の先に浮かぶ天国のような島です。

ロプッド島は、毎日何百人もの観光客が訪れる、エラフィティ諸島の中で一番にぎやかな島。ここでは、幅広くて長い砂浜と暖かな浅瀬を持つ、この辺りでも最高のビーチが見つかることでしょう。

人が住んでいる3つ目の島はシパン島―『黄金の島』です。3つの中では最大で、一番ぜいたくな島だと言えるでしょう。豊かな緑を背景にりっぱな邸宅が立ち並ぶシパン島は、リッチな気分に浸る日帰り旅行にぴったりのスポットです。

ドゥブロヴニクの素顔に出会う

ストラドゥン通りはドゥブロヴニクの中心であり、一番にぎやかな通りです。しかしドゥブロヴニクの素顔に出会えるのは、大通りではなく、曲がりくねった路地であるといえるでしょう。なめらかな石畳の大通りをはずれ、迷路のような小径に足を向けてみてください。観光客の群れから離れた街角に、手作りの工芸品を売るすてきなお店や、家庭的で美味しいピザ屋さん、それに居心地のいいバーなどが見つかることでしょう。

ドゥブロヴニクの素顔に出会うには、当社が紹介するドゥブロヴニクのアパートにご滞在ください。人ごみ離れたオシャレなワンルームアパートから、街の中心にあるお手頃なフラットまで、幅広い物件をそろえています。

ドゥブロヴニクへのアクセス — 空港から市街地までの交通機関

ドゥブロヴニク空港は街の中心部からそれほど離れていません。けれども旧市街全体が歩行者専用地区であることを覚えておきましょう。つまり、旧市街に宿泊されるなら、宿泊先までの交通機関があるわけではないということです。ただ歩行者専用地区は小さいですから、荷物を持って延々と歩く必要はないでしょう。

旧市街自体へのアクセスは簡単かつ迅速、しかも安価です。空港から旧市街の西の入り口であるピレ門 (Pile Gate) まで、空港バスが運行しています。15分毎にでていますし、車窓から見る街の姿もすばらしいです。ローカル路線バスも空港から旧市街までたくさんでています。ただ途中あちこちに停車しますから、お急ぎの方にはおすすめできません。またタクシーを利用すれば、旧市街の西門か東門のいずれかで降ろしてくれます。繰り返しますが、歩行者専用地区に滞在される場合は、宿泊先までタクシーが連れていってくれるわけではないことをお忘れなく。

当社のメルマガをお読みください
主な旅行先